レストア日記

ルノー8ゴルディーニ

2011年05月13日 | レストア日記


少し前に完成したゴルディーニの作業~

・ルノー8ゴルディーニ1300

この車両は今から7~8年前でしたか、まだ旧店舗の頃に
札幌にあった個体をオーナーさんを口説いて譲って頂いた
1台です。当時から変な改造を施されておらずとても印象
のいい1台でした。

今も昔もそうですが程度のいいゴルディーには売物が無い
ので自分カーで維持したかったのですが、その頃は(も)
高価なストックをのんびり維持出来るような余裕も無く
オーナーさんを募ったところ、関西方面で大事にしてくれそうな
オジサンからコンタクトがあり販売したのでした。

基本的にまずまずの程度でしたし、あの頃はMメカもまだ
KIに参加していない頃ですから、重度の整備などは当時
しておりませんでした。

数年経過し、そこそこ楽しんでおられたオーナーですが
調子はいいもののオイル漏れ(エンジンもミッションも)が
多くなり、一度、一回りやってくれィ~と頼まれていたのです。

そのうち引き受けますよ~と言いつつも2年?くらい待ってもらい^^;
ゴル男君はKIに入庫しました。

当初から、合い間をを見つつ整備するのでたっぷり時間は
下さいとお願いしていたが、実際にたっぷり時間を頂戴
してしまいました<(_ _)>(苦笑)

作業はメインのエンジン、ミッションのOHの他、ブレーキ回り
足回り、水回り、電気回りと手のつけていな部分も多少
ありますが、ほぼ一回りの作業を施しました。

基本的には内外装は大きな作業はしていませんが
前後ウィンドウゴムを初め全てのゴム類の交換に
ボディの磨き、ストライプの入れなおしなどを行いリフレッシュをした。

元々、いい感じにやれた個体でありますが、さりとて
醜い錆も無い、内装もオリジナル度も高く実にいい雰囲気の車なので
あえて外装、内装はやらない方がいいだろう~との判断もありました。

そうそうタイヤの件~
この個体は僕が以前販売する際にデルタミクスホイールを付けて
おりました。どうもバランスが取れないようで、今回はオーナーさんが
アルピーヌホイル(再生産品)を入手し、それに交換しタイヤも
新調しようとの依頼でした。

さて希望色に塗り新タイヤを取り付けたのですが、これまた
バランスが悪い^^;結構なウェイトをホイルに取り付ける事
になってしまいました。

オリジナルフェンダーのゴルディーニにビンゴのアルミホイルはなかなか
選択が無いので難しいところですね。

                     ・

エンジンは少々想定外(この言葉は駄目っすか?)で
過去にあまりよろしくないブローをしていたようす。
ヘッドは再使用出来ない状態でした。
リプロのヘッドも検討しましたが、扱い経験が無いので心配~
たまたま知り合いが状態の良いヘッドを売ってくれたのでそれを
使用しました。

またクランクも歪みがありました。
これは加工屋さんでかなりの精度で修正出来たので助かりました。

コンロッドも使えない物があったりと、いわゆる普通の
エンジンOHに必要な部品・外注費用以外に余計な部品、また加工を
必要とし予算が少々取られました。

クランクを始め、全てのバランスを取りました。
消耗品は全交換、ピストンのみ在庫していた「S」ピストンを使用しましたが
基本的にはオリジナルで極端なチューンは施していません。
フライホイルは少し軽量化しています。

ミッションは、シンクロ、ベアリングは全交換しております。

他、足、ブレーキなど色々やってますが知りたい方は
のんびり「今日のKI」を遡って下さい(笑)

                 ・

さて、全ての作業が完了し、とっくに切れた車検を取り
しばし、セッティング、ちょい慣らしの日々でした。

OHしたエンジンは「ブン!」とかかり数秒でアイドリングに
入ります。

そこから軽くレーシングするとナローポルシェのように
タコメーターの針が踊ります^^

OHしたミッションはまだシンクロの硬さが
残りますがカッチリしています。

とは言え、長いリンケージを持ち、シフトレバーも長い
ゴルディーニは元々、ミッションフィールがヨロシクない。
110はまだいいですが、8系はこのシフトフィールは数少ない
マイナスポイントでしょうか。

レストアはペダル類まで及んでいるのでガタの無いペダルに
OHしたブレーキはねっとり効き、とても良い雰囲気でした。

しばし3~4000回転での慣らし的運転はレスポンスのいい
エンジンなので辛い。

回りたくてしょうがないわけですから。
また、クロースしているギア比ゆえ街中でもあっと言う間に4速に入る。

トルクもしっかりあり高いギアでも粘ってくれます。

これから慣らしが終わり上の方を回せるオーナーさんは幸せ者ですね。

「オチ」

さて、実は関西に納車後トラブル発生がありました。
先方さんに送り、無事に夜到着したとメールで確認し
ほっと一安心していた管理人であります。

明日は弊社の顧客さんでもあるサンクアルピーヌターボのオーナーさん
も見に遊びに来るとの事でした。

翌日
オーナーさんの携帯からTEL。。。
「自宅からガソリン入れようとスタンドまで走ったら
GSに到着したらゴン!という音とともにギアが何処にも入らない!」と。

「えええっ!」背中に冷たい汗がつつっーと(-_-;)

お休みのMメカに電話してもらい症状を聞いてもらうと
どうやらクラッチじゃないか~との事。

走行不可能ですし、飛んですぐに行ける距離では無いので
関西圏の積載ドライバーさんに連絡し、これまた知り合いの
工場さんに急遽、無理言ってお願いし、ゴルディーニを早速
ドナドナしたのですた。。。

オーナーさんもタマゲタだろうが僕らも青天の霹靂であります。
クラッチももちろん3点新品、念のためワイヤーも交換し
こちらではサクサクと切れ全く違和感がありませんでした。

翌日、依頼した工場さんから点検してもらうと
どうやらクラッチ本体のようだ~との事
軽症では無さそうです。

早速、エンジン降ろしを頼みクラッチの状態を診て貰いました。

クラッチカバーが見事に壊れていました。
プレートステーが折れてしまっています。
Mメカの話ですと過去にもそういう事例はあったようですが
まさか今回なるとは。。。

アイタタタ、、、と思いつつも今、少しでも早くオーナーさんに
修理して再納車しなくてはなりません。

翌日、大掃除にからめ、クラッチカバーの捜索でした。
数年前ですが古くからの110乗りの方からストックしていた
パーツを沢山売って頂いた事があり、その中にカバーが
あったはずと、僕の事務所下の部品保管スペースを
ひっくり返し、ようやく見つけ出し先方の工場さんに速攻で送りました。

お願いした工場さんはKIと違い^^;サクサクと仕事を
して下さり、なんとか連休前にオーナーさんに届ける事が出来ました。

まぁ最後の最後にスッタモンダありましたが先日も200km程
走ったというオーナーさんから明るい声を聞け、ようやくこちらも
ほっと一息だったのでした。

長期入院をお待ちいただいたオーナー様
シコシコ丁寧な仕事をしてくれたスタッフ
クラッチトラブルをケアしてくれた関西のMさん

ありがとう!

(画像は写真が上手なオーナーから送ってもらった画像)




アーカイブ

  • collapse2019 (9)
  • expand2018 (242)
  • expand2017 (268)
  • expand2016 (276)
  • expand2015 (309)
  • expand2014 (327)
  • expand2013 (296)
  • expand2012 (290)
  • expand2011 (360)
  • expand2010 (390)
  • expand2009 (430)
  • expand2008 (503)
  • expand2007 (522)
  • expand2006 (254)
PAGE TOP