レストア日記

アルピーヌ1300VCのエンジンOHの巻

2008年03月10日 | レストア日記


これは到着間もなくエンジンの異音にカムカバーを外し点検しているところ。

エンジンを降ろしたところ。

外したヘッド

4番にダメージがあるのが見えるだろうか?

エンジン部品が全て揃い、加工屋さんからも
ヘッド・クランクが戻ったので、「さぁ~組もう!」と。

念のため、新品のピストンの重量を計測すると
かなりのバラツキが!

一応、メーカーに問い合わせしたところ「許容範囲」との事。

僕らにとっては全然、許容範囲外なので(笑)
急遽、ピストンもバランス取りに出す。

ピストンの加工だけではバランスが取りきれないので
ピストンピンの肉抜きで、ほぼ満足の行く状態になりました。

画像は加工が終わったピストン(&ピストンピン)

今回の新品に交換する部品は

ピストンライナーセット
ガスケットセット
メタル(親子)
バルブ
バルブガイド
タイミングチェーン
カムスプロケット
デスビギア

いわゆるフルOHです。

§画像は新品のピストンリング

新品は合口が鋭くバリがあるので、面取りを施す。



美しくなって戻ってきたヘッド

面妍で殆んどの傷が取れました。

現在、KIがお願いしている内燃機屋さんは腕がいい
設備も非常に充実していて仕事も綺麗だ。
(但し、仕事が遅い?笑)

(関東にいたMメカは今まで何社もお付き合いしており
その彼が言うので間違いない。札幌も捨てたもんじゃないからw)

ブロックにライナーを仮組みしたところ

傷だらけだったクランクもピカピカです!

ピストンピンを圧入したところ

また進行しましたら、UP致します!




アーカイブ

  • collapse2020 (191)
  • expand2019 (248)
  • expand2018 (240)
  • expand2017 (265)
  • expand2016 (276)
  • expand2015 (309)
  • expand2014 (327)
  • expand2013 (296)
  • expand2012 (290)
  • expand2011 (360)
  • expand2010 (390)
  • expand2009 (430)
  • expand2008 (503)
  • expand2007 (522)
  • expand2006 (254)
PAGE TOP