販売実績車両(2)

ALPINE A110 1300VC

2011年05月02日 | 販売実績車両(2)


第一弾作業終了報告書

えーお休みなんですがスタッフが代休で今日一人出ているので
管理人もお仕事です(^_^;)

1)外装

・ボディ磨き、タッチアップ
・ミラー左右交換
・ヘッドライトカバー、修正、アクリルビスに交換
・フロントナンバーベース交換
・フロントオーバーライダー交換
・フォグカバー
・フロントフードゴム取りつけ
・左右ドア調整
・フロントフード調整
・ゴッティホイル、ミッシェランXAS・FF交換
・ホイルハウス洗浄、シャシーブラック

2)内装

・助手席シートベルト取り付け
・小物入れ取りつけ
・シフトブーツ取りつけ
・ステアリング・ボス・ホーンボタン交換
・シフトノブ交換
・ステアリングコラムSW・カバー交換

3)機関

・車検取得
・シフトレバー加工
・キャブ調整・エンジン調整
・キャブリンケージ調整
・ショック交換
・フロントコイル交換
・足回り調整
・ブレーキOH
・プラグ交換、エンジン・ミッションオイル交換
・マフラー錆取り、耐熱塗装


<入庫時、テスト走行後の印象>

☆シフトフィール~5速?と思うほど横方向の動きが大きかった。
現在は素晴らしくコクコクです。
バックギアへのアクセスもスムーズです。

☆エンジンフィール~アクセルのONとOFFしなかいような走りにくい
状態でした。現在はスムーズに反応しとても乗りやすい車になりました。
エンジン調整にて良く回りトルクも十分出ています。

☆フロントの車高が高く、真っ直ぐ走らずハンドル取られる。
ショックがバタバタ。ハンドルセンター出ていない。
現在は、真っ直ぐ走りショックもしっかり機能しハンドリングもいい。

☆ドアが閉めると普通に開かない(ドアを押しプッシュボタンを押しようやく開く)
レギュレターハンドルのガタ。
現在はパタンと閉まり、普通にドアの開閉が出来ます。

☆ブレーキはフロントは立派なキャリパーが装着されておりOK,リアはOHしました。
現在は効きもタッチも素晴らしいです。
サイドブレーキもしっかり効きます。

入庫当初からガラリと見た目も走りも激変しました。
大したことはしていないのですが(それでも結構かかってまっせ)
まずは気になる点から改善したのですがかなり印象が良くなりました。


今後、クランクからのオイル漏れが多いのでオイル漏れの
修理、それに伴い、ホース類なども見直し。
タペットカバー交換、タペット調整など~(こちらもオイル漏れ)
電気回り、水回りなど、現在問題ありませんが確認しつつもう少々
手をかけてあげればかなり信頼性の高いVCになるでしょう。
エンジン、ミッション、クラッチは調子いいです。

外観は傷、ヒビ、プツプツとした塗装浮きなどありますが、まずまず
綺麗になったかと思います。
ピカピカやないとアカン!という方は駄目ですが私的には十分かと。

内装は基本オリジナルなので最低限の加修に留めています。

<VCの紹介>

110の中では一番多く作られたベーシックモデルです。
4速ミッションにターンフローエンジン・ワンキャブです(5速オプション?)
シリーズ中、一番非力なのですが、軽い110のボディには十分の
走行性能があります。

                                       以上




アーカイブ

  • collapse2019 (232)
  • expand2018 (240)
  • expand2017 (265)
  • expand2016 (276)
  • expand2015 (309)
  • expand2014 (327)
  • expand2013 (296)
  • expand2012 (290)
  • expand2011 (360)
  • expand2010 (390)
  • expand2009 (430)
  • expand2008 (503)
  • expand2007 (522)
  • expand2006 (254)
PAGE TOP