販売実績車両(2)

シムカラリー2

2007年01月15日 | 販売実績車両(2)


車の仕入れも販売も縁ですね。今回は美しいシムカラリーです!

日本にシムカラリーは何台あるのでしょうか。。。
このような状態のいいラリー2は少ないでしょう。

実車は小さくて低くカッコイイ。
8より一回り小さく見えます。

ラリー3は角目になりよりモダンに見えますがラリー2は
このような可愛い丸目2灯です。

ラリー2後期モデルは角目が存在したようです。
エンジンは1300になり、ある意味シーリズ中、最も好ましいモデルでは?


色はクリーム色に近い白です。

ボンネット、エンジンフードは黒で、純正らしきデカールが雰囲気を盛り上げております!

フロントラジエターなので口がある。

ボディコンディションは塗装の艶もあり綺麗です。
目立った錆び腐りは表面には出ておりませんが、ドア下、サイドシルなど
少しありますが、すぐに手を入れねば!という感じではありません。

まぁこの手の車としてはかなり優秀な部類です。

リアフードにはゴム製の派手なウイングが付く。

60年代の車には無い独特な雰囲気。

白と黒、艶消しの世界。

この車は内装が抜群だ。

オリジナルのシート、ダッシュ、ステアリング
床のビニールに至るまでオリジナルだ。


このあたりも微妙な年式ゆえの佇まいのメーター類。

クロームは消え、メーターのリムも黒だ。

室内にはロールゲージが!

やる気マンマンです^^

内張り

めちゃ綺麗。

バケットタイプのシート

艶消しビニールの独特な風合いです。最高だねこのシート!
このシートに包まれてエンジン始動、、、、リアから爆音が。。。。。

あなたの顔は?

ニヤケルでしょう(笑)

リアシートも破れなどはありません。


天張りの状態も○

こんなシールも○

さてエンジンルーム

1300cc

ツインウエィバー仕様です。ワンオフのタコアシにステンレスマフラー


エアファンネルが泣けます。

ツインキャブ&タコアシ・マフラーでこのエンジンは俄然活気づく。

このエンジンが搭載してあるCGというフランス製の車に乗って
いたことがある。

エンジンの音を聞いたら懐かしくて懐かしくて^^
レスポンスは最高で高回転までカーーーンと回る。


マフラーをリアに抱く。


フロントは空っぽです。

先端にスペアタイヤが収まります。

ホイルはカンパをチョイス。

フロント5,5リア6Jですが、ツライチ。。。
というよりチョイハミダシ^^;

車高は下げている。
フロントもネガッテます!!

フォグはラリー専用の物らしい。
「RALLY]の文字が見えるだろうか。

デュセリエ製。



ハコはいいなぁ~~~

ロールゲージにカンパアルミ。

ツインキャブに軽くチューンされたエンジン。
適度にモディファイされたこの1台、あまりにも希少で濃すぎますが^^;
趣味の対象としてはいいのではないだろうか?
私は惚れましたが(笑)

部品は苦労するタイプの車です。
しかしあるところにはあるので、何とかなるでしょう。

皆と同じじゃ嫌だ、変わった車が好き!的な方には最適!

年式が新しいので(と言っても十分古いが)条件が厳しいクラッシックイベント
の参加は難しいだろうが。

ミラーは修理中、貴重な物だ。

まだまだ紹介したいところがあるが今日はここまで~

おやすみばいならぁーーー!

この踏ん張った感じが堪りません!

前後とも結構なキャンバーがつく。

むむむ

前から~

ミラーが付きました。

修理してゴムベースを作り直しました。

一応4名乗車で登録してあります。

シムカ1000ラリー2

73年式(?)

車検は切れた状態です。

近いうちに必要な整備を施し車検を取ります。




アーカイブ

  • collapse2020 (215)
  • expand2019 (248)
  • expand2018 (240)
  • expand2017 (265)
  • expand2016 (276)
  • expand2015 (309)
  • expand2014 (327)
  • expand2013 (296)
  • expand2012 (290)
  • expand2011 (360)
  • expand2010 (390)
  • expand2009 (430)
  • expand2008 (503)
  • expand2007 (522)
  • expand2006 (254)
PAGE TOP