今日のケーアイ

バトン

2021年02月26日 | 今日のケーアイ

1600SXは明晩GO!となります。

僕が最初にSXを仕入れた時に付属していたカタログやドキュメント類も次のオーナーさんへ

今回は水回りをしっかり整備しました。

細かくはマフラーステーを修理したりSW類の不具合の修理、油脂類の全交換など~

こうしてKIに戻してもらいまた少しアップデートして次のオーナーさんにお渡し出来るのは

嬉しい限りです。そしてコンディションが当初僕が仕入れた時に比べると格段と良くなっている。

310

ちょいとラジエターからお漏らしするので追加でラジエター脱着修理です。

ご覧のようにご当地ナンバーが変な位置にありましてオーナーさんは出来れば

鼻面に取り付けたいと。しかし310専用のナンバーベースはありません。

昨年納車した黄色310を思い出しました。確か元々ナンバーベース付いていたのですが

無い方がいいと取り付けしなかったのです。

「青オーナーさんが取り付けたいそうで売ってもらえませんか?」と

連絡したところ「小生には不要なものですのでお代は結構ですよ」と送って下さいました。

なんだか嬉しいですね、こないだ仕入れたサンクのオーナーさんも買い集めたであろう

沢山のスペア部品を車に積んで下さいました。

うちの仕事は旧い車をお手入れし少しでも良い状態にして次のオーナーさんへ

今日もバトンを渡すべくスタッフはシコシコと~

ゴロン

GT4~よーやくミッションに辿り着きましたよ~早速分解

Mメカが当初の診断で「シフトフォークのシャフトをロックするボールのスプリングが
折れている可能性が高いです」と聞いていたのですが流石です。

3~4速の部品と比べると一目瞭然です。

スプリングが折れているので凹みに引っ掛からないので抜けてしまうのです。

しかしこんな小さな部品交換の為、エンジン、デフ、ラジエターも含めた周辺部品と

全降ろしです(;^ω^)

洗浄中~まぁクラッチも逝く寸前でしたしエンジン、ミッション降ろせば他も

駄目出し出来ますので良いタイミングだったと思います。

レストアピーヌ

足回り、ミッションも搭載し次はエンジンです。

ヘッドは加工済みでピカリンです。ブロックも以前綺麗にしておりますが更に

細部を掃除~ピストンは1605で行きます。

STOCKにビアルベーロのロングノーズをUPしております。

それではまたクリックを(‘ω’)ノ

 

 

 

 

 

 




アーカイブ

  • collapse2021 (205)
  • expand2020 (253)
  • expand2019 (248)
  • expand2018 (240)
  • expand2017 (264)
  • expand2016 (276)
  • expand2015 (309)
  • expand2014 (327)
  • expand2013 (296)
  • expand2012 (290)
  • expand2011 (360)
  • expand2010 (390)
  • expand2009 (430)
  • expand2008 (503)
  • expand2007 (522)
  • expand2006 (254)
PAGE TOP