つぶやきしぶちん

親ばか日記

2012年07月14日 | つぶやきしぶちん


毎度すみません、孫のこと家族のこと

今日は朝からサポロのパワースポットであります北海道神宮さんへ
息子夫婦と初宮参りに行って来ました。

先の画像は長男が生まれ妻の実家を訪ね初めて
ミルクをあげるの図です。

そして今日はその息子の子供をダッコですよ^^
いずれも手元が緊張しております(笑)

しかしこうして写真を並べてみると僕も歳をとったなぁ~すっかりジィさんだわ。。。

今日は大安で天気も良かったので神宮は混みあってましたが
無事に誕生1ヶ月目(正確には40日ですが)を迎えられたことを
感謝して来ました。

おばぁちゃんのところも寄って来ました。

孫からはヒィヒィばぁちゃん。
おばぁちゃんからは玄孫。

年齢差103年(笑)

2

まさに未知との遭遇です☆ET?

ささ、孫よ、長寿のばぁちゃんのパワーを少しもらいましょう♪

こんなに嬉しそうなおばぁちゃんは久しぶりに見たような気がします。
そんな様子を見ていると僕らも嬉しくなりました。

寝顔が可愛いです。

スクスク育って下さいね^^

以上、孫は可愛いぞ!ジジ馬鹿日記でした<(_ _)>

旧ホームページから見てくださっている方は読まれたとは思いますが
2006年3月に書いた僕の「つぶやき」です。

「卒業」

昨夜、息子の卒業式に行ってきました。

定時制に4年間通いようやくの卒業です。卒業証書を受け取る彼を見ながら
色々なことを思い出しました。。。

もともと身体が弱く、小さな子供でした。小・中学校では酷いイジメに合い
何度も学校に私は行きました。
前歯を折られた事もありました。。。
先生と話しをすると、ほとんどの方に落胆したのを覚えています。
イジメをトボケル子供を私自身が認めさせた事もあります。

弱者に対してのケアは殆どありませんでした。もちらん彼もその頃は
ある意味イジメられる要素もあったのも事実でしょう。
ただあまりに物事をわからない先生が多すぎるといつも感じておりました。

不登校になった時期もあったり、病気の為、何度も救急車に乗りました。
この子は大きくなれるだろうか?
社会に適応できるように育つだろうか?
本当に心配な日々でした。

中学を卒業し、高校へ行きたくない気持ちもあったようです。
彼を受け入れてくれる高校を探し最後に残ったのが今の高校でした。

とりあえず行ってみて、駄目なら仕方がないだろう。と、通わせました。
定時制なのでクラス1学年30数名程度の人数だったようです。
年上の生徒もいたり彼と同じようなタイプの生徒や、いわゆる
ツッパリ君だったりと色々な事情を持つ子供たちがいたようです。

家からは距離があり、夏場は自転車、冬場はバスで通学しました。
はじめの頃は本当にイヤイヤ通っていたようですが、様子を見てると少しづつ
慣れてきたようで、学校の話や友達の話を家で話すようになってきました。
いろいろな意味で心に傷を持つ、わかりあえる仲間が出来たみたいでした

先生にも恵まれたようで、本当にこの学校に決めて良かったと思いました。
しばらくすると帰りが遅い時があり聞いてみると「部活に入ったんだ!
サッカー始めた」と。
少しびっくりしました~運動音痴で持久力も無くサッカーが好きとも聞いた事が
ありませんでしたから。

この頃から彼は少しづつ変わったいったよういな気がします。
一番仲の良い友達が誘ってくれたみたいでした。
人数が少ないのですぐにレギュラーになれたようです(笑)
小・中と身長は前の方でしたが、みるみる大きくなっていきました。
体力も次第につき、何をするにもすぐに「疲れた・・」と言っていたのに
日々成長しているが実感できました。

授業が夜9時過ぎに終わってからクラブ活動で帰ってくるのが11時を過ぎます。
1、2年の頃は毎日ではありませんが、昼間は私の所で仕事を手伝い
3年生からは毎日朝から仕事し夕方から学校に休まず通いました。
自分の高校生時代を思い出すと。。。
私は父の仕事の関係で3年間一人暮らしをしておりました。
寂しい思いもした事もありましたが
親からの仕送りで生活し、自由で遊んでばかりでしたので・・・
昼間仕事をし夜、学校に行っている彼は息子ながら偉いなぁ~
と関心しておりました。

ある日「俺シュートしてゴール決めたんだよ!」と。試合は結構やっていたようですが
初めてのことだったようです。本当に嬉しかった様子でした。

ただ少し心配だったのは勉強でした。ちゃんと進級できるのか、卒業できるかが
彼も親も心配でした。でもこの高校は見捨てない高校でした。

休まず、遅刻しなければ勉強が合格しなくても進級させてくれるシステムでした。
ですから彼は多少の熱があろうと学校だけは休まず行きました。
それが彼に出来る事だったからです。友達に会いたいから、クラブが楽しいから
卒業したいから・・・本当に良い学校、先生、友達に恵まれました。

小さな卒業式でした。30数名いた生徒は10数名になっていました。
でも暖かい、やさしい卒業式でした。
式の前に薄い文集(先生や生徒の一言や写真が掲載されてました)を見ました。
「親に言われてこの高校に来ました。最初は嫌でしたが、楽しかったです。
この高校に来て本当に良かったです」と彼の一言メッセージがありました。

入学の時の写真~彼は一番前に座りとても不安げに座ってました。
その隣には先日撮影した写真がありました。
一番後ろに立っていました。人数は少なくなっていましたが皆いい顔をしています。
初めてのスーツを着た彼はとっても凛々しく見えました。

息子へ

4年間本当に頑張ったと思います。おめでとう。
これからは社会人です。辛い事や悲しい事も沢山あるでしょう。
でもくじけないで頑張って欲しい。
そして回りの人たちの感謝の気持ちを忘れずに前向きに一生懸命生きて下さい。

                父より




アーカイブ

  • collapse2019 (170)
  • expand2018 (240)
  • expand2017 (265)
  • expand2016 (276)
  • expand2015 (309)
  • expand2014 (327)
  • expand2013 (296)
  • expand2012 (290)
  • expand2011 (360)
  • expand2010 (390)
  • expand2009 (430)
  • expand2008 (503)
  • expand2007 (522)
  • expand2006 (254)
PAGE TOP