つぶやきしぶちん

ショートつぶやき

2008年09月29日 | つぶやきしぶちん


管理人の「ショートつぶやき」その1

                     「爪きり」

そのお客さんと試乗に出かけた時のことです。

僕の運転でいつものコースを走り、店も近くなった信号待ちでの
出来事でした。

隣の車から何やらパチンパチンと音が聞こえる。
助手席のお客さんはそれを見ている。
何かなぁと気になり、僕も身を乗り出し見た光景にちょっと驚いた。

窓から手を出し爪を切っているのです。
パチンパチンと。

すぐに信号は変わりその車は行ってしまった。

走り始めた車の中でお互いに嫌なものを見てしまいましたね。
と、顔を見合わせた。


                  「優しい忠告」

「以前からケーアイさんのHPは拝見していて
初対面の感じがしませんね。」

とそのお客さんは言いました。

僕は煙草が好きでヘビースモーカーです。
お客さんは美味しそうに煙草を吸う僕に。。。。

「管理人さん。煙草やめましょうよ」と。

「僕は医者だから言うのではなくて好きな人には元気に長生きして
欲しいのですよ」と言われました。

さりげなく「好きな人」と言われた管理人でした。。。
ありがとうございます^^

すみません、まだ煙草止めれてませんが^^;

            ・

メールを下さる皆さんがいつも最後に僕の身体の事を気遣う一文が
あるのですよ。
本当にありがとうございます。

いつも目頭が熱くなります。


                 「アゲ車再び!」

結婚して十数年子供を授からなくてすでに諦めていたころ
KIで車を注文した人がいた。
車を注文した後しばらくして「赤ちゃん」が出来たそうです。

以前、アゲアゲの話を書いたが
コウノトリのようなアゲ車だったのか!?

そのお客さんは「流石ケーアイ」と思ったそうです(笑)

めでたいめでたい♪


                 「残業」

スタッフの一人、だいぶ前だが叔父さんから卒業祝いに買ってもらった
軽自動車を単独事故では廃車にしてしまった。
まだ若く、給料も安い彼はすぐに次の車を買えなかった。
KIの取引先の方がたまたま彼が欲しいタイプの車を手放す予定で
それを安く売ってくれる話が舞い込んだ。

しかし安い車も買えない(笑)
僕は彼の車代を立て替えた。
給料から分割で払っていくのも大変そうなので僕は提案した。

出来る日でいいから朝と夜1時間多めに仕事をしなさい~と。
それで今回の車代を払えばいいと。

ここ数ヶ月、彼に付き合い朝出、遅帰りの管理人であったが
来月あたりでようやく終わりそうです^^

         「静かな駐車場」

日帰りだと言うお客さんと昼食を楽しみ
その後、試乗に出かけた。

練習も兼ねてだったので結構、遠くまで走った。
途中、僕は道に迷ってしまい道の突き当たりの大きな駐車場へ
迷い込んでしまった。

ここで色々な説明をすればいいし休憩だと思い車を停める。

しばらくするとその駐車場に数台駐車している車には皆
人が乗っているのに気がつく。
昼寝の真っ最中だった。

何やら見た事も無い外車を停めキャッキャ楽しむ我々が
煩かったのか、その中の1台の車がエンストしながら
激しく出て行った。
「うるせぇなぁ~」言わんばかりに・・・

営業関係の仕事だろうか?

昼休みはとっくに過ぎている。


              「遠方ゆえ」

「近くにKIさんあったら間違いなく毎週末遊びに来ますね!」

「KIが近所だったらなぁ~新しい車が入ったらすぐに
見に来るのだけど!」

などなど、KIに車を見に来た変態車好きの道外のお客さんたちは
必ず言いますねぇ。

中には寝袋持参で「ここで寝てもいいですか?」という方も(汗)

北海道で良かったかもなぁ~
だって仕事にならないでしょ(笑


            「社長 元気ですか?」

かなり昔の話です。

僕が趣味の車を整備してもらっていた店があった。
そこの社長さんは見た目は怖いがとても優しい方だった。
ある日、工場を新築するので手伝って欲しいと当時建築関係の
仕事をしている僕に仕事をくれた。

長い工期に一筋縄では行かない現場ではあったが
なんとか乗り切ることが出来た。
その後も2~3仕事をもらい、随分可愛がってもらったのでした。

いつか、成功したらこの社長さんから車を買いたいと
漠然と思っていた。

月日が流れ

数年後、雑誌を見ててその方が亡くなられたのを知った。
なんとも言えない感情が込み上げたのを覚えています。

そこの工場は社長を失ったが次世代が引き継ぎ今も続いている。


                  「何処かで誰かが」

近所の居酒屋で

お客さんと飲んで食べてしていると
突然、十数人の団体客がどっと入ってきた。
お店はてんやわんやである。どうやら何かのスポーツを
した後のチームの様でこの店が2軒目と思われる団体客
は多いに盛り上がっていました。

年齢層は60~70代くらいだろうか。
皆楽しそうにワイワイやっている。
僕らは、ある程度、飲み食いが終わってたし、第一僕らが
店を出ればギュウギュウ詰めの彼らも救われる(笑)

「さぁ行こうか」
と僕らが席を立ち上がると

「なんだか騒がしくでごめんねぇ」と皆、口々に謝ってくる
「いえいえもう帰るところでしたから」と話ていると
一人のおじさんが
「あんた頑張ってるな!」と顔を真っ赤にして話しかけてきた。
知らない方だったので「え?なんで?」と

「いやぁ、あんたいつも見てるよ!俺はあんたの店の上の方にある
床屋の親父なんだ!」と握手を求められる(笑

あぁ~うちの店から少し上に床屋さんがあったっけ。

何を見たのだろうか?

でも、なんだか少し嬉しくなった僕だった。


以上、ショートつぶやきでした!
(画像と文章は関係ありまへん~懐かし画像です)




アーカイブ

  • collapse2020 (233)
  • expand2019 (248)
  • expand2018 (240)
  • expand2017 (265)
  • expand2016 (276)
  • expand2015 (309)
  • expand2014 (327)
  • expand2013 (296)
  • expand2012 (290)
  • expand2011 (360)
  • expand2010 (390)
  • expand2009 (430)
  • expand2008 (503)
  • expand2007 (522)
  • expand2006 (254)
PAGE TOP